スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日会☆

2016.09.15.16:52

2016.09.15 スペシャルクッキング&お誕生日会


今日のブログ担当は、ゆかちゃんです。

今日は、8月生まれさんのお誕生日会をしました!
なぜ8月かって…!?
夏休み中にお誕生日を迎えたことと、9月生まれさんがいなかったため、8月のお誕生日会おそくなりましたが、今日みんなでお祝いしました。

スペシャルクッキングのメニューは恒例のカレーライスです。


こちらが今日の主役さん。
テンポよくニンジンを切ってくれています。

DSCF7318_R.jpg


カレーの日は、かたいお野菜が増えます。
今日はサツマイモが特にかたかった…!
でも、サツマイモ入りのカレーは甘くて美味しい!!


DSCF7319_R.jpg


こちらは火当番さん。
大きなマッチ箱は、マッチを擦りやすいと子どもたちの中で評判です。

DSCF7320_R.jpg



とっても頼りになる本日の主役さん。
火のことも、お鍋のことも、みんなからひっぱりだこで呼ばれていきます。

DSCF7322_R.jpg


頼りになる年長さんです。

DSCF7325_R.jpg



さあ、カレーのいい匂いがしてきました。
8月生まれさんのお誕生日会のはじまりはじまり~♪


DSCF7328_R.jpg


大好きなちっち(お父さん)からお手紙を読んでもらいました。
笑顔がこぼれます。

風りんりんからのプレゼントも嬉しそうに見てくれました!
懐かしい写真がいっぱい。


DSCF7330_R.jpg


お楽しみの手作りゼリー☆
お誕生日会の日の子どもたちの一番の楽しみといっても過言ではありません。


DSCF7333_R.jpg


みんなでおいしくいただきました。
ごちそうさまでした!!


DSCF7342_R.jpg


ほんとうに頼りになる、しっかり者のお姉さんです。
6歳のお誕生日、おめでとう!!

スポンサーサイト

さあ、稲刈りだ!!

2016.09.12.17:11

2016.09.12 稲刈りに挑戦!


今日のブログ担当は、ゆかちゃんです。

5月に明治小学校の生徒さんと、明治地区のみなさんと植えた苗が、こんなに大きくなっていました!


DSCF7273_R.jpg


たわわに実ったお米の重さで今にも稲が倒れそう。
見事な黄金色で立派に育っていました。


DSCF7275_R.jpg


軍手をはめて、カマを持って、さあ稲刈りに挑戦です!!


DSCF7278_R.jpg


地域の方に刈り方やコツを教えていただきながらの稲刈り。
力を込めて、カマを握ります。


DSCF7280_R.jpg


1つの穂にお米の粒が100粒実っているそうです。
その穂が、20本束になったものを握って刈ります。
その一束が、ちょうどごはん一杯分になるそうです。


DSCF7292_R.jpg


4束をまとめて束ねます。
ずっしりとした重さがありました。


DSCF7296_R.jpg


束ね方もコツが必要で、私にはまだまだ修行が必要でした。(笑)
地域の方は簡単そうに、くるくると束ねておられました。さすがだな~と感心するばかりでした。


こどもたちも挑戦。
なんども挑戦しているうちに、ちょっとずつできるようになり、
自分で束ねることができた時の表情は、とっても嬉しそうでした。


DSCF7288_R.jpg


束ねた稲は、みんなでよいしょと稲木に干しました。


DSCF7297_R.jpg


2週間くらい干すそうです。
美味しいごはんが食べたいな~。


DSCF7300_R.jpg


もみ殻をとって、お米の試食。
「う~ん、柔らかくておいしい!」


DSCF7304_R.jpg


みんなで頑張った稲刈り。
手作業は楽ではありませんが、ふだん美味しいお米が食べられているというありがたさを実感しました。


DSCF7302_R.jpg


明治小学校のみなさん、明治地区のみなさん、ありがとうございました。






あいことばは…

2016.09.07.16:33

2016.09.07 合言葉は「ういてまて!」

今日のブログ担当は、ゆかちゃんです。

昨年に引き続き、今年度も親子で「浮いて待て」の講習を受けました。

みんなにとって一番大切なものはなんですか?

「いのち」。

浮いて待てとは、おぼれた時に「いのち」が助かるための方法です。


DSCF7193_R.jpg


わあ、海に落ちた!足が届かない!うきわがない!どうしよう!!

大人も子どもも、おぼれた時にはパニックになるものです。
そんなときには「ういてまて」。

そして近くにあるペットボトルやボール、ランドセルなど、浮くものを投げてあげてください。

そして、落ち着いてラッコのポーズで救急隊の到着を浮いて待ちます。
人の体の部分の2%は、水面に浮くようにできているそうです。
その2%(鼻と口)を水面に出すことで、呼吸が続けらます。

決して、おぼれている人を助けようとして、飛び込まないこと。

5分「浮いて待て」ができれば、ずっと浮いて待つことができるそうです。

DSCF7201_R.jpg


映像を交えながら、時には笑いあり、クイズあり。
子どもたちも食い入るように見ていました。

「川遊び、海遊び、必ずライフジャケットを着用し、安全に危険な遊びを楽しんでください!」と、お言葉をいただきました。
座学の最後に「合言葉は!?」と問われると…
みんなで「ういてまて!!」と大合唱。

DSCF7195_R.jpg


さあ、プールに移って「ういてまて」の実践です!

DSCF7212_R.jpg


急に冷たいプールに入ると心臓がびっくりします。
手に水をバシャバシャ、体に水をバシャバシャと、徐々に水の冷たさに慣らしました。


DSCF7214_R.jpg


「きゃー!冷たい!!」と言ってプールに入りましたが、普段遊んでいる川より、ずっと温かかったです。


DSCF7218_R.jpg


最初は腰を支えてもらって、浮いて待てのポーズ。
徐々にコツを掴んできた子どもたち。
最初はプールのふちを持っていましたが…


DSCF7215_R.jpg


DSCF7219_R.jpg


落ち着いて、力を抜いて、手足を伸ばすと上手に浮いて待つことができました。


DSCF7220_R.jpg


「まだ浮いて待つことが難しい子どもたちも、最初は水に親しむことが大切なんだよ」と、教えていただきました。
親子で水に入って、慣れていくことも大切なんですね。


最後はみんなで記念写真を撮りました!


今日のあいことばは…!?


DSCF7230_R.jpg


カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

風りんりん

Author:風りんりん
森のようちえん 風りんりん

鳥取県鳥取市宮谷392-5
代表者 徳本 敦子
TEL 090-5588-6857
atsuko0913atsuko@
gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。